ますなが医院は、埼玉県富士見市で地域に密着した医療を提供します。  

     
   
 
プラセンタとは英語で胎盤のことを指します、母親の胎内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられます。大概の動物は産後、胎盤を食べますが、これは産後の体力回復のために効率が良いのだと考えられています。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されています。

プラセンタの成分について
プラセンタは豊富な栄養素に加えて、細胞分裂を促進する生理活性物質も含まれています。ヒトの胎盤には5000種類もの生理活性物質や酸素エキスが貯えられているといわれています。プラセンタ入りのサプリメントや化粧品は胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子やほかの栄養素を抽出したもののことです。アミノ酸やミネラルなども豊富に含まれています。
プラセンタは牛や豚などの哺乳動物のものでも効果はほぼ同じと言われています。しかし以前狂牛病感染が取りざたされたことがあり、厚生労働省の通達により現在では牛の胎盤は使われていません。
一般的に使用されているものはヒトか豚の胎盤で、最近では羊や馬の胎盤も注目されています。プラセンタ注射にはヒトの胎盤が使われており、化粧品・サプリメントには主に豚の胎盤が使用されています。
※なお、日本では薬機法の定めにより、ヒトのプラセンタを医療用のプラセンタ注射液以外には使用することができません
プラセンタの安全性について

プラセンタの注射剤はヒトの胎盤から抽出されたエキスを原料とする生物製剤です。肝炎やエイズウイルスなどのウイルス感染がない国内の健康な女性から提供される胎盤を使用しております。また製造過程においても、プラセンタ中の血液やホルモンをすべて除去し、たんぱく質を分解、滅菌するなど万全な感染症対策がとられています。
ただ、ヒト型の狂牛病である変異型クロイツフェルトヤコブ病の感染に対する検査方法が現段階では見つかっていないため、その検査方法が見つかるまでプラセンタの注射を受けているかたは献血制限を受けることになっています。
 
プラセンタのさまざまな薬理作用のうち主なものを下記に示します。

・自律神経のバランスを整える
・免疫力を強化しその働きを正常に保つ
・肝臓の働きを強化する
・血液の循環を改善する  など

また、幅広い薬理作用により多岐にわたる疾患に効果を示すとの報告があります。
おもなものを下記に示します。

・アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患
・更年期障害、乳汁分泌不全、生理痛などの婦人科疾患
・肝炎、肝硬変などの肝臓疾患
・自律神経失調症、不眠症などの精神神経疾患など
プラセンタの副作用について

重大な副作用:ショック
その他の副作用:注射部位の疼痛、注射部位の硬結、過敏症(発疹、発熱、痒みなど)
 
ますなが医院ではプラセンタの皮下注射治療を行っています。治療の流れは下記となっています。

1.初回の治療前に、医師よりプラセンタに関する説明をします。その際、患者様にあった注射の頻度や1回の注射剤の量についてご相談します。
2.説明の内容について十分ご理解、納得していただいた場合、同意書にサインをいただきます。
3.上記が終わりましたら初回の注射実施可能です。
保険適応外の1回の料金
  1A  2A 
プラセンタ(ヒト胎盤エキス抽出剤) 1,500円 2,000円
注射の頻度は週に1回〜2週間に1回が通常の回数です。なお、体調などによって個人差があります。
プラセンタサプリメントもご用意できます。受付までお問い合わせください。

プラセンタに関するお問い合わせは、TEL:049-264-7294、または
vivance@aroma.ocn.ne.jpまでお気軽にご連絡ください。
 
 
 
 
       
 HOME 医院概要  院長紹介 診察案内  アクセス  ページ先頭へ