ますなが医院は、埼玉県富士見市で地域に密着した医療を提供します。  

     
   
 
 
プラセンタとは英語で胎盤のことを指します、母親の胎内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。胎児への栄養補給のためにたくさんの栄養素がこの組織に集中し、貯えられます。知られていることで、大概の動物は産後、胎盤を食べてしまいます、これは産後の体力回復のために効率が良いのだと考えられています。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されていました。プラセンタには副作用がないとされていますが、安全性は認められていません。危険性を回避するために、必ず医師が指示する用法や量は守ってください。

プラセンタの成分について
プラセンタは健康な人間から抽出したエキスです、豊富な栄養素に加えて、細胞分裂を促進する生理活性物質も含まれています。人間の胎盤には5000種類もの生理活性物質や酸素エキスが貯えられている、といわれています。プラセンタ入りのサプリメントや化粧品は胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子やほかの栄養素を抽出したもののことです、アミノ酸やミネラルなども豊富に含まれており、プラセンタは牛や豚などの哺乳動物のものでも効果はほぼ同じと思われます、しかし以前狂牛病騒ぎがあって以来、牛の胎盤は使われなくなったようです。最近使用されているものは一般的には人間か豚の胎盤です、最近では羊や馬の胎盤も注目されています。プラセンタ注射、点滴には人間の胎盤、内服品(化粧品、サプリメント)には主に豚の胎盤が使用されています。現在日本では薬事法の定めにより、人間のプラセンタは医療用のプラセンタ注射液や点滴以外には使用することができません
 
上記したようにプラセンタは老化を防ぐ作用があります、そこで最近注目を浴びているアンチエイジングの一環としてプラセンタも同様、注目を浴びるようになってきました。プラセンタは老化防止だけでなく病気の改善をも手伝います、アンチエイジングというものは基本的に老化によって起こる全身の器官の機能低下を補うことを目的としてあり、身体にある単一の器官機能の向上を目的としたものだけでは治療をすることができません。ですから必然的にアンチエイジングの一役を買っているこのプラセンタも全身にある「悪い所」の改善を手伝うのです。

プラセンタの美肌作用
●シミをとる
プラセンタで細胞分裂の促進を行い、皮膚に入り込んだシミが表面に出てきて、剥がれ落ちます。
●シワをとる
プラセンタは塗るだけで真皮に直接入り込み、皮膚の健康を保っている成分、コラーゲンやエスラチン、ヒアルロン酸を産み出す繊維芽細胞の活性化を促し根元的に問題を解決します、深いシワも取れます。
●乾燥肌に潤いを与える
プラセンタを使うことにより細胞活性を促し、水分を多量に含むヒアルロン酸を発生させます、加えて肌の細胞間脂質、天然保湿因子の働きを妨げる活性酸素を除去するとも言われています。
●ニキビ痕や傷痕を修復
プラセンタで上皮細胞増殖因子に働きかけ、ニキビによって破壊された皮膚組織を修復します、それによって次第に凸凹が無くなっていきます。プラセンタに殺菌作用は無いのでニキビを治すことは出来ませんが、上記のようにニキビ痕には効果てきめんです。

●アトピー性皮膚炎のかゆみを癒す
免疫のバランスが崩れた際にアトピーが起こると言われています、プラセンタは自然治癒力を高め、免疫力の調整をする働きがあります、その働きのおかげで免疫のバランスが取れたとしたらそれは発症の根元を抑えたことになるのです。
 
プラセンタを使用することによって改善される病気も沢山あります、それ自体によって完治するということはありませんが、その効果は結果によって現れることでしょう。
内科:肝炎、肝硬変、胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、慢性気管支炎、気管支喘息、貧血、慢性疲労、便秘等
婦人科:更年期障害(動悸、息切れ、不眠など)、月経困難症(生理痛、便秘など)、不妊治療、高プロラクチン血症
皮膚科:アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、そばかす、ニキビ、しわ、美容・美白、若返り
耳鼻科:アレルギー性鼻炎(鼻のむず痒さ、くしゃみなど)、メニエール病(めまい、ふら付きなど)、花粉症
整形外科:慢性間接リウマチ、変形性関節症、関節炎(間接の痛みなど)、神経痛、腰痛、五十肩(肩の痛み、腕を動かす際の痛みなど)、肩こり等
泌尿器科:前立腺肥大、膀胱炎
眼科:角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障
歯科:歯槽膿漏、歯周病、顎関節症(顎の痛みなど)
精神神経科:うつ病、神経症、自律神経失調症、不眠症
その他:精力増進、滋養強壮、疲労倦怠改善、男性・女性ホルモンバランスの調節、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、風邪予防、豊胸効果
 
ますなが医院ではプラセンタの皮下注射治療を行っています、希望する方、詳細を知りたい方は受付、もしくは医師にお気軽にご相談下さい。(保険治療適応疾患あります ご相談下さい) 
保険適応外の1回の料金
  1A  2A 
 ラエンネック
 メルスモン  1,500円  2,800円
効果を得るためには、数回から十数回の施術が必要となります。
内服用のプラセンタもご用意できます。受付までお問い合わせください。
 
 
 
 
       
 HOME 医院概要  院長紹介 診察案内  アクセス  ページ先頭へ